ドメインの転売で儲ける方法!ドメイン売買サービス


私は昨日発見して驚きました。

「お名前.com」が、1月の中旬ごろから「ドメイン売買サービス」なるサービスを開始していたようなのです!


 
ざっくり説明すれば、これはインターネット上の住所にあたる「ドメイン」を超簡単に転売できるサービです。

右指-新出品中のドメイン一覧

・・・かなり強気な値段を提示している人も多いですね (^∇^)″

後で使おうと思い、とりあえず押さえておいただけで使う予定のないドメインをお持ちの人も多いはずです。

利用していないドメインをたくさんお持ちの方は、思わぬ収入につながるかも??

1)即決価格による販売
2)価格交渉による購入受付
3)オークションによる販売

 
このようなスタイルが用意されています。

2016年3月現在、βバージョン期間ですが、出品する際に手数料はかかりません。βバージョン期間の場合、売却成立時に一律500円(税抜)の手数料がかかるだけです。

このサービスができたことで、キーワードリサーチの得意な人や企業は、高値のつきそうなキーワードを片っ端から押さえて転売することが予想できます。

・・すると、今後は、よいネーミングのドメイン名は、転売業者から購入するスタイルが一般的になるかもしれませんね・・(><)
 

ドメインを個人で地味に転売する際の簡単なアイデアは?

例えば「.com 」「.jp」「.net 」「.biz」がすでに取られている場合、やむなく「.xyz」でドメイン名の取得を考える人も多くなっている昨今です。

いまだに「日本語ドメイン」は、SEOの効果がありますので「.xyz」で日本語ドメインを押さえようと思っているアフィリエイターをターゲットに「.xyz 」のキャンペーン中(初年度30円など)に「.xyz 」で安く日本語ドメインを取得し、転売をすれば、初期投資30円の低料金で「率」的には、かなり良いリターンが期待できるでしょう。

βバージョン期間の場合、成立時に一律500円(税抜)の手数料がかかるだけですから、試験的に「.xyz」が30円などで登録できる時を狙ってドメインを取得し、転売の手ごたえを感じてみるのも面白いでしょう。

「お名前.com」

「.xyz」は、新設されたドメインなので「お名前.com」はしょっちゅう、初年度1年間は、利用料金「30円」やら「90円」やらのキャンペーンを行っています。

この原稿を書いている本日も30円のキャンペーンをやっています(^∇^)″
理由としては、利用されていない良いネーミングでの空きが多いため、勧誘し易いためです。

Sponsored Link

また、ネットの特性としても、世界中でそのドメイン(この場合「.xyz」のついたドメイン)が多くなると、検索の際、ヒットしやすくなるとの理由もあるようです。

専門家によれば「.com」で取得したドメインは、他のドメインより強い(上位表示しやすい)そうです。(日本語ドメインの場合.jpも強いようです)

しかし、サイト内のコンテンツが充実してくるにつれて、その差はなくなるので「サイトの立ち上げ当初は」多少差がある程度と考えればよいでしょう。

よって「.xyz」でもキチンとしたサイトを作る人には問題ないわけです。

「.xyz」のほかにも「.pw」「.club」などといった、さまざまなドメインが選べるようになりましたが、その中で「.xyz」が人気があるのは・・

1)他の新ドメインと異なり、具体的な意味を持たないため用途に縛られない
2)2年目以降の更新料金が1,480円でそれほど高額でない
3)「お名前.com」自体も、SEO的にも強いと謳っている

 
・・などが理由です。

キャンペーン時の価格は、あくまで初年度の利用料金です。ドメインは本来長期にわたり利用するものなので、更新の際の料金も考慮して選ぶ必要があります。

「お名前.com」ドメイン更新料金一覧

キャンペーン中に安く「.xyz」のドメインを取得し、転売をもくろむのであれば、ポイントとしては、メジャーな「.com 」「.jp」「.net 」「.biz」でのドメインに空きがあるネーミングの場合、一般的に、それらのメジャーなドメインを選ぶはずですから「.xyz」で押さえても意味がない(売れない)ことになります。

メジャーなドメインが使われているから「.xyz」で出品されているものを購入しよう。・・という流れで購入されるはずだからです。

キーワードの候補は「goodkeyword」 などのツールで世の中の需要を調べるとよいでしょう。

「goodkeyword」

また、アドセンスで稼ぐ人を対象にするなら「高単価キーワードの調べ方」
ども参考にするとよいでしょう。
http://e-mono.jp.net/archives/152
http://akiueo.hatenablog.com/entry/googleadsense-cpc-201502
http://tinyurl.com/gqa5yjx

もちろん「.xyz」だけでなく「.com 」「.jp」などのドメインに空きができた際、すぐに取得して転売するのもよいでしょう。

空きができたら連絡をもらえる「バックオーダー」のサービスもあります。


 

「転売」とうと響きがとても「いやらしい」気がしてなりません・・

なんとなく「儲ける」とか「バイヤー」といった「お金」の臭いがしてしまうからです。そこで「転売」という名称は使わずに「親切な雰囲気」をだす「心理的な方向付けのコピー」を使う必要があります。その場合、次のようなコピー(枕詞)を使うのはいかがでしょう?

「あなたの代わりに“ベストなネーミング”を押さえておきました!」

(^∇^)″


ドメインを「商品の1つ」と考える
 

私の新刊です・・


 

関連記事です

Sponsored Link


サブコンテンツ